最新!おしゃれなプチギフト特集

home > プチギフトについて > プチギフトの相場と選び方について

プチギフトの相場と選び方について

 近年日本では、結婚式の演出の一つとしてプチギフトを取り入れる人が増えており、結婚式の定番として定着しつつあります。
必ずしも準備しなければならないというわけではありませんが、足を運んでくれたゲストに対するささやかなお礼の気持ちということから、プチギフトがあるのかないのかでゲストの気持ちに間違いが生まれるので、取り入れようと考えるのは当然のことではないでしょうか。
しかしいざ準備するとなれば、何を選べば良いのかやいくら程度が相場なのかで悩む人が大半です。
こうでなくてはならないという決まりがあるわけではありませんが、ある程度の相場を理解しておくことで、ゲストの人数と照らし合わせて必要となるトータル費用を知っておくことができるので相場を知ることは大切になってきます。

 プチギフトは披露宴が終わり、新郎新婦が出口でゲストを見送る際に手渡すなど披露宴で渡す場合と、二次会で渡す場合の二パターンが多いです。
披露宴と二次会とで、プチギフトの金額の相場にも多少の違いが生まれます。
披露宴の場合には、三百円程度が相場でありかなりリーズナブルです。
そもそも披露宴では引き出物があることから、プチギフトはかなり安価でも問題は無いという考えをする人が多いです。
その一方で二次会では、引き出物がないことからプチギフトの相場も披露宴の時よりも少し高くなり、五百円程度にしておくという人が多いです。
二次会の会費なども考えながらプチギフト一つあたりの値段も考えるようにしておきましょう。
もちろんどちらの場合も必ず相場通りにしなければならないというわけではありません。

 プチギフトと一口に言っても様々なアイテムがあるので、何を選んだら良いのかで迷ってしまいますが、その際には迷う中でもオリジナリティーを出したいと考えるのではないでしょうか。
オリジナリティーを出したいからといって、個性的すぎる小物など受け取った相手が使い勝手や処分で困るものを選ぶべきではありません。
チョコレートやキャンディ、クッキーなどお菓子類が喜ばれる傾向にあります。
お菓子類の場合は定番過ぎてありきたりだと感じてしまいがちですが、ラッピングに工夫をしたりメッセージカードをつけるなどでオリジナリティーを出すことは十分可能となっています。
どこで購入するのかによる料金の違いや選べる品物の違い、ラッピングの有無などもあるのでよく考えてから選ぶようにしておくことが大切です。

次の記事へ